2017年6月27日火曜日

お見舞いと和菓子 平成29年6月

昨日はお見舞いと和菓子の日になるか?和菓子の恩とわが師の恩は大違い。少し重苦しい一日であったので軽口を踏み台にして気楽になりたい。色々と考えた結果だが重病人のおじさんのお見舞いに行った。外科手術の後に治療が行われ来月末迄は入院生活を余儀なくされるらしい。その叔父さんとは喜怒哀楽があったが概ね善人であった。正直な話、肯定的な親戚と否定的な親戚に大別されるが肯定的な部類に入る。病室に入室する一秒前にお医者さんが病室に入ったのでほぼ同時に私と担当医さんが入った。私は叔父さんと叔母さんの顔だけ見れたら十分だったので一分未満でその病室を後にした。空気を読んだことになる。甥っ子の私はそれが関の山であった。

オマケ?
昨日、食べた和菓子はおいしかった。おはぎとたい焼きは素晴らしい味であった。両者共に餡子が用いられた和菓子になる。昨日に限っては病室の中で行ったおじさんとの会話よりも病院の中の警備員との会話の方が長引いた。他の親戚が平成10年代に入院してた時の出来事を連想し思わず警備員に質問してしまった。少し表現は変更しておくが「いわゆる不規則発言をする人は隔離する。」と警備員から教えられた。
過去に小売店で不規則発言をした警備員がいて大変困った事も連想しました。大阪都抗争について質問してきた警備員がいた。スポーツ、宗教、政治については客に質問してはいけないのにやらかすから彼は事実上の解〇に至った。念のために伝えるが、病院の中の警備員と小売店が雇ってた警備員とは別人である点は強調しておきます。

2017年6月26日月曜日

40歳からの留学! #ちか友留学生活

バンクーバー留学の生活費について語ろう! #ちか友留学生活

“被告はいま認知症” 弁護側、全面無罪を主張(17/06/26)



連続殺人犯が認知症を偽装しても誰も信じない。

平成29年6月最終月曜日

本日は月曜なのでドリアン長野について語りたい。

http://twilog.org/duriannagano

暖かい飲み物を冷たいジュースとして販売するかどうかは自販機のオーナーが決める事ですね。

吉野家と言っても既存の店舗とは違った種類のお店が開店したようです。販売品目が多いか少ないかは問われる時代になってます。
なにわ筋線が開業しそうなのは良いが今里筋線の南進はどうなるかも注目されてたりして?新大阪駅から関空間の直行が可能になるのかな?関空が沈没(不等沈下)してると言われてるからその点は不安です。ちなみに、此花区と西淀川区には地下鉄の駅が無いから何とかしてあげてほしいです。一応はJRと阪神があるから十分か?

冷麺こと冷やし中華はおいしいですね。来月にでも食べようかな?

田舎で独立経営してる飲食店を見ると、驚くことはありますね。

ひらがなで伝えるか漢字で伝えるかで大違いの時はございます。地下鉄御堂筋線のなかもず駅ばかりか、南海電気鉄道と泉北高速鉄道の中百舌鳥駅みたいなものです。

世の中、鼻炎で困ってる人は多いです。人にもよりますが、針葉樹林の花粉とディーゼルエンジンの排ガスが組み合わさると人体に悪影響を与えます。

黒澤浩樹氏は有名な空手家で詳細については各自で調べてもらいたい。まさか、今年の3月に54歳で死去したので驚きです。ご冥福をお祈り申し上げます。

ご連絡。

 最近、6月ということもあって私の周囲では変更が多い。頻繁に赴いてたお店が閉店したり営業時間を短縮するといった具合です。今の所は円滑に行えてる転載ですが中長期的には厳しいのが本音です。言い換えると、これから5年後や10年後に同じように転載してるかどうかは全く持って不明です。

 再編集版に限っては徐々にやっていきます。地図の画像や海外の町を録画した動画をインターネット上で発表する人は平成10年代と違って平成20年代になって増加しました。無論、ドリアン長野の海外旅行記は単純に文章のみのバックナンバーを読むだけでも一応は楽しめるようになってはいます。だが、参考の為に動画を付加するとより良い解釈が行えると思います。今となっては、複数のメディアやインターネット上で海外の町の風景が発表されてる点については周知されてますからあまり驚かない人も多いかもしれません。某旅行記投稿ホームページを閲覧したら30か国以上訪問した人も少なくありません。私の知る限り、ドリアン長野が訪問した国は15か国です。順不同ですが、タイランド、イギリス、米国、メキシコ、ベトナム、マレーシア、台湾、ミャンマー、カンボジア、インド、ネパール、フィリピン、中国、香港(90年代のイギリス統治時代も含むので別口扱い)、大韓民国(ドリアン長野の大韓民国の旅行記は現存しない)といった具合です。
平成20年代のテレビ番組でも海外ロケ番組は複数放映されてます。欧州を中心に旅行した人ばかりか先日100か国以上訪問した事で話題になった芸能人もおられます。個人で趣味で行った海外旅行記としてはドリアン長野は多い方だと私は考えたいが世の中には上には上がございます。その点も考慮した上でお読みいただけると幸いです。皆さんに理解し賛同してもらいたいのは、専業主婦でも海外旅行で訪問した国が20か国を超えてる人もおられますが、訪問した国が多い少ないといった点については議論はしたくありません。個人的には素人で10か国以上訪問したら多い方だと思います。貿易商人で50か国から70か国赴いた人もおられますが、人にはそれぞれの人生があるんです。単純に無事に帰国が行えたかどうかが問われるのではないでしょうか?
 ドリアン長野が頻繁に海外旅行に行っていた平成初期から平成10年代の時期は独身だったということもあって海外旅行に行けたと私は考えてます。

 昨日の新規投稿はお休みでした。一昨日に限ってはコメントが事実上の新規投稿でした。紹介だけでなく投稿になると訪問者数は増えます。

最近、ドリアン長野は過去に発表したお話しの再掲載をするようになってきました。一週間で4回以上新規投稿してたらそれも不可避なようです。

皆さんが海外旅行に行くか否かは各自で熟慮の上でご決断ください。提案はしますが、責任はとれません。過去の常識では考えられない位に悲劇が頻発してますので、行きたいと思う国の治安についてはちゃんと情報を得てから行動してください。

海外において犯罪者が多いといったお話もございますが、日本に住んでる人がフェイスブック等を通じて詰問を繰り返すがゆえに迷惑をかける人もいますので対応が必要です。「海外は日本国内と違って、治安が悪く安全に関わるのでそういった質問は控えてください。万が一の事があったらあなたは責任を取ってくれますか?」といった質問をする必要があるのでしょうか?実際に行ったから言えますが、海外旅行は楽しいが無関係な人がやっかみや妬みから愚かな質問を繰り返す恐れがあるので警戒して下さい。質問内容が多いばかりか慇懃無礼で内容が悪いから帰国後に冷静になって熟慮した結果、冷静になりながらもダメ出しをしました。相手は一切謝罪せずに逆上してましたからブロックを決断する必要がございました。
 平成10年代の旅行だとそういった心配は無かったが、昨今ではWi-Fiが利用出来るようになったからこれから迷惑をかける人が続出する恐れがある。

フェイスブック上においてドリアン長野は複数の人物との連絡をやり取りされてます。それはドリアン長野が自己責任で決めた事なので問題がございません。周知のように実際に会った事がある人物とフェイスブック上で友人になる事が推奨されてます。無論、世の中には実際に会った人物であっても肯定的になるか否定的になるかどうかは人それぞれの自由意志が存在します。半ば恣意的かつ無意味な友達申請の行為は推奨されておりません。冷たい人だと考えられたくないがブログ等を通じて知ることになっても前述した内容を一度読み直した上でフェイスブック上でコメントをされていたドリアン長野の友人に対して申請をするかどうかは各自でご判断ください。

フェイスブック上において伝達が行えても肖像権や著作権等の観点から転載を兼ねた発表を私が見合わせたい投稿をドリアン長野が行われる時があるので、もし皆様の中でドリアン長野が伝達した投稿を全て知りたければフェイスブックに加入し友達申請して下さい。 https://www.facebook.com/durian.nagano 
色々と事情があり転載の時期が翌日もしくはそれ以降になることもあり得ます。 そういう訳で皆さん、これからも良い一週間を過ごしてください。以上、管理人マーキュリーマークでした。

オマケ
再び、パトラッシュか?

2017年6月25日日曜日

6月も切り替えが多いかなぁ? 平成29年6月


あんパン、シナモンロール、
フォカッチャバゲット、等のパン。


以下は、ピロシキ。


昨日は催事に行ってきた。見てるだけでも良かった。その催事でスキレットを売ってる人がいたからスキレットを用いた調理の画像を見せたら喜ばれた。その催事だが過去には良い商品を取り扱ってたが現在は購入したい製品を取り扱ってないから今後の参加は考えてしまう。申し訳ないが他の会社の製品を購入しても悪くない?と思ってしまう。催事に行く前においしいピロシキを買った。催事を後にした帰宅途中にパンを幾つか購入した。そのパン屋さんは来月から営業時間を短縮されるばかりか取扱品目を減らす事をご決断された。飲食店への卸売りを強化する為にやむを得ないそうです。今月は6月なのでそれなりの変化が多い。夜に大雨が降って梅雨本番?

タンドリーチキンサンド 平成28年11月


オマケ
当然ながら、6月とはその年の半年目を迎える時期ですので何等かの変更を考慮する人は少なくないのであろう。